人生は毎回ふく肩がお互いを正確に把握するのでもなく、1部の出会っでも咲いて縁の花である。世の中が複雑に絡み合っての中に直面したいので、懐1粒の心へ行き、向田信仰心が深く信じて、出会いが縁になって、头が点を記録した。一つは「仏陀の前世のだけ相借りが將軍澳通渠あって、この世が気に入らなかった出会いましょう」前世から見ても、3世絆が徹底して、この世としたら、誰に出会って誰もが闇の中に出会いはすでにされた。

私たちは何と言っても言われるの俗人、确実だが避けられないと、逃げるようにも逃げられないのなら、その。素直にしましょう。自然には最高の方式で、いくらと出会ったのは縁が劫で、私达はすべてべきで、縁があって、本当にとても素敵だった。」という言葉があるように、千里が縁によって会おうと无縁向こうは出会うこともまた、出会いにならなければならず、迷って、红尘の帰り道、君に再会程は、太陽の光を雨風が、手を取り合って過ごす。行かないかと訊いてみた。全貌を高くない情ふかし縁は浅い、同行する道を莫失莫忘根負けした人生めぐり合わせ」に1回、これも人生において大きな楽しみました。

人生にはスケッチブックを一つの秋、数十年間光景が指の間流砂に関系なく、握」と離しごとに、一瞬のうちに消えることができることを握らたなごころの、記憶が輪郭を現している。舎で舍てないで、廃棄を諦めないと、結局は次第で記憶は滲みなく消えるが脳裏になって,散らかってい时间の隅のほうに点々の破片だった。良くて心に顽张らができたとしても、を拾い集めて消えた一段段過ぎ去ってしまった。まるで現実で、网路の中で、出会いの美にせよ、との再会が気持ちを込めて、お互いに人、昔はすることができると思ってこのようにして、ずっと冷ややかに歩き続け、不振に悩まされるを求めないで、星に愿いを成すことが一生に依存しなければならない。