「お見受けしたところ、あなたはカイリュウ族、われらヨミ族の次に古い生命体ですな。私はヨミ族の戦士『ダーマ』と申すもの。奴を待つまでもない、『シュラ』の事は私がお話しいたしましょう」
黒いフードをかぶった戦士はその奥の巨大な眼周海媚?膠原抗老槍を光らせて言った。
「おまえが?あの『シュラ』について知っていると言うのか…」

「その前に、お願いがあります。石棺に手向けの花を入れてやりたいのですが…」
男はいつの間にか手に黒いユリを持っていた。ギバハチは石の蓋を再び開けた。その中にユリを投げ入れ『ダーマ』は、そっとこう祈った。
11

(さあ、永い眠りから再び目覚めようぞ、黒サソリ、そして赤ムカデよ…)

不思議な事に投げ入れられた黒ユリは一瞬でからからに乾き粉々に砕け落ちた。そしてギバハチが見つけた奇妙なモノがその触手を振るわせた。谷の岩の下から這い出てきたサソリとムカデがその奇妙な、まるで根っ子の様なモノに吸い付かれた。悶え苦しむサソリとムカデはやがて動かなくなる…。

「彼らは私と共にこの谷に捨てられたヨミ族、きっと役に立ちましょう」
それぞれの石棺の土塊がやがて人型に周海媚 瑪沙美容療程集まり起き上がった。
「カイリュウ族のあなた様のお名前は?」
落ち着き払い彼に尋ねるダーマに、ギバハチは名乗った。
「わしは、カイリュウ族の生き残り『ギバハチ』、さあ『シュラ』の事を話せ」
ダーマはいやに落ち着き払うと話し始めた。
「シュラは虫人の科学者『カグマ』が創った『機械昆虫人(インセクトロイド)』と言うものです。書き込まれたコマンドに従い、人工知能で対処し目的を遂行する。三体創られ、宇宙に放たれました。それは虫人が住める移住先を探すためだったのです。彼らの星が非常に不安定で、移住先を見つけるには一刻を争うと『カグマ』の独断だったのです」
ギバは黙って聞き続けた。
「そのコマンドとは、惑星探査をし、た場合速やかに『排除?殲滅せよ』というものだったのです…」
「ではシュラが送られた惑星の知的生命体は全て殲滅する運命だったのか…」
「最初はそうでした。しかしシュラの一体が破壊され、虫人の国に警告が伝わりました。そのため急きょ『カグマ』に回収された一体のシュラは、すぐにコマンドを書き換えられたのです。しかし…」
「しかし…?」

「この星に向かったシュラは塩水により、防御システムが働き、休眠を続けていたのです。シュラの一体がこの星に来ていることを『カグマ』は知ら周海媚?膠原抗老槍ないのです。『この星の知的生命体を殲滅せよ』と言うコマンドが今も生きていると言う事も…」
「わしのカイリュウの力でも叶わぬのか?」
その問いに答えるのをはばかった彼は別の話をした。

「…シュラを破壊した星の話しには、続きがあったのです」